gomalog

多趣味人間の日記的な何か。

はじめてLTした話

 

インターンの記事書いてて思ったけど、今使用しているテンプレートのフォント、私のテンションに合ってないかも…。

 

そんなことはさておき、ごまきです。

 

初LT

先日、OthloTechのLT大会でLTしてきました。

LTとはライトニングトークのことで、5分くらいをめどに主にTech系の話題をバーっとしゃべります。

だらだら長〜いプレゼンを聞くのがかったるいから、5分くらいで区切ってしまおう!という理由でできたプレゼン方法なんだとか。

 

…という説明をしておいて、しかもOthloTechのイベントを主催する側なのに、Tech系のネタが用意できず自分の経歴的なLTをしました。(すみません!!!!!!)

 内容としては、自身が今度リードオーガナイザを務めるStartup Weekendの宣伝と、「名古屋来る前はめっちゃコミュ障だったんだけど圧倒的成長を遂げました」という自慢にもならない自慢です。

 

 LTで使ったスライドを貼りますので、よかったらぽちぽち見てください!

 slideshareにアップロードしたらお気に入りのフォントが消滅しました。

そして驚きの白さ&文字の多さです。

 

ちなみにLTで喋った時よりも何枚かスライド増えてます。 

 

 

LT会の様子はNagoya Startup Newsにて記事にしました。

 

nagoyastartupnews.com

 

LT会の次の日にHackUがありその記事と並行で書いたので、

OthloEventの15個のLT + HackUの12個のチーム&作品 をまとめることになって割と死ぬかと思いました。

でも両方とも頑張って書いたので読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

 反省と思い出話

 プレゼンをする機会は学校の授業とかであったけれど、LTは初めての試みでした。

 

SWの最終ピッチに登壇した時も、ピクシブインターンの最終日にプレゼンした時もそうでしたが、「伝える」って難しい。

特に自分は、「これが言いたい!」っていうプレゼンの最終目標みたいなのをロクに設定しないで話し始めてしまって、途中で「結局何が言いたいんだっけ?!」ってフリーズすること多々あり。

 

さらに制限時間5分という制約もあるし、適度に笑いを取らなきゃだし、いろいろ考えることが多かったです。

 

今回のLT会もちょっと聞いてる側からしたら分からなかったことが多かったかもです…ごめんなさい><

練習第一ですね。

 

 

 

突然ですが、

人前で喋れるようになったのは、過去の経験が生きてます。

 

実は… 

f:id:bana_negi:20160928002106j:plain

高専時代に文部科学省の人とかの前で英語でスピーチした経験があります。

(かっこいい写真を貼ろうと思ったのに、なかった…)

 

 

中2、中3、高専3年、高専4年の計4回、英語スピーチコンテストに出てました。

 

 大勢の人の前で話すなんて絶対無理!!と思っていた私ですが、中学2年生の時になぜか英語スピーチコンテストに出場することになって、そこから人前で話す時の視線の動かし方とか、身振り手振りとか、通る声の出し方とか、かなり鍛えられてきました。

スピーチコンテストは話す内容決まっているから、演技力勝負。

 

中学の先生に「スピーチコンテスト出ない?」って聞かれた時は、「え、なぜこんな私に?!」と思ったのですが、あの時首を縦に振れて本当に良かったです。

 とりあえず「面白そうならやってみよう」ってことですね。

 

 

今日はこの辺で。 

OthloTechは来月も何かしらイベントをやります。お楽しみに〜。